終身保険は、文字通り終身=一生保証をしてもらえるタイプの保険です。
契約者が解約しない限りは、保険期間が継続することとなります。
○終身保険の特徴1)一生涯の保障ができる終身保険の最大の特徴は、終身契約なので、不測の事態が起きた時でも安心です。
2)保険料が値上がりしない終身保険は、加入時の保険料が一生継続しますので、値上がりがないのが特徴です。
毎月決まった出費を保険に当てたいという方に適しています。
ただし、一生加入することを考えると、かなり割高だともいえます。
3)解約時に解約返戻金がある終身保険は掛け捨て型の保険とは異なり、万が一解約する場合には解約返戻金があります。
若い時に終身保険に入っておき、年金生活の熟年世代になったら解約して解約返戻金を生活費に充てるのも一つの方法です。
また、解約返戻金を使って保証内容を買い取る「払済保険」に乗り換えれば、以降保険料の支払いをする必要がありません。
解約返戻金は、保険契約時にすでに金額が確定していますので、加入の際に将来的なシュミレーションを考えるのも良いでしょう。
○終身保険は資産運用になるのか?一昔前までは、終身保険は資産運用のひとつの形とみなされていたことがあります。
終身保険には予定利率という、金利に相当する利率が事前に定められているため、加入時の金融相場が、解約返戻金に大きく影響してきます。
バブル期などの利率の高い時期に終身保険に加入した方の場合は、予定利率が非常に高く定められているので、この意味では終身保険を資産運用として利用できるといえるでしょう。
しかし、不況に伴う保険会社の破綻を経た現代では、予定利率はかなり抑えられていますので、資産運用としての終身保険の活用は、期待できないのが現場です。
終身保険を選ぶ時は、資産運用としてではなく、自分と家族のために本当に必要な保障が備えられているかどうか、しっかりチェックしましょう。

更新履歴


このページの先頭へ戻る